お金を借りるには?

お金をどこで借りたらいいのか、わからない人も多いと思います。
すぐに借りたいと思ったら、やはり一番手軽なのはやはり消費者金融ですね。

 

今は消費者金融といっても銀行と提携しているところも多く、大手であれば安心して利用する事ができますよ。

 

こちらに金利が安くて審査の早い金融会社をまとめました。
お金を借りたいと考えている方は参考にしてみてください。

 

コラム

人生上手くいく時ばかりではなく、時には厳しい状況に立たされる時期もあります。
しかもそんな時に限って、急にお金が必要になったり、大きな買い物をしなければならないような事態に陥ったりするものです。
この苦境をどう乗り切るかによって、未来が拓けたりすることだってあるのです。
よく成功している人の口にする言葉で、「借金も財産のうち」という考え方があります。
お金を借りることによって、次のステップへと進める力にするという考え方ですね。

 

しかし、お金を借りる時には「誰から借りるのか」を充分検討しなければなりません。

まず一般的なお金の借り方をご紹介します。

 

・家族や友人から借りる
・銀行から借りる
・国から借りる
・消費者金融から借りる

・銀行系カードローンから借りる

 

代表的なのはこれらの方法でしょう。

家族がお金持ちの場合は身内から借りるのも最善かもしれませんね。
また住宅やマイカーなど決まった目的があるのであれば銀行のローン、個人の事業などでお金が必要なのであれば国から借りることも出来ます。
ただしこれらはお金の使い道が制限されたり、審査が厳しいという側面があります。
単純に生活のために借りる、などという訳にはいかないのです。

 

そこで、最も気軽に利用出来るのが消費者金融や銀行系カードローンを利用してお金を借りることではないでしょうか。
法律も改正され、以前に比べ安い金利で借りることが出来ますし、借りたお金の使用用途も問われません。
また保証人の必要が無いのもメリットのひとつでしょう。

 

 

金利の安い業者を利用しましょう

家族や友人以外からお金を借りるのであれば、必ず「金利」というものが発生します。
いわゆる「利子」というものが金利によって決まってくるのです。
金利が高いほど、元々借りたお金以上の金額を返済しなければならなくなり、完済までの負担が大きくなってしまいます。
金利が低ければ、返済する額も少なくなりますので、より早く借金を返すことが出来ます。

 

金利とは、元々借りた金額=元金に対しての割合(%)で示され、返済する際には元金に金利分をプラスして返すことになります。
例えば10万円借りたとして金利が20%の場合、最終的に返済する金額は、
元金10万円+利息分2万円=12万円
ということになります。
金利がもっと低く15%ならば、利息分は1万5千円ですので、返済額は11万5千円と安く済むということなのです。

 

なので、上手にお金を借りるには、この「金利」の安いところから借りるのが大前提となってくるのです。
ただし、この金利は日本の法律では29.2%まで、と決められています。
以前はこの上限を超える金利で貸し付ける業者が多かったため、最近では過払い金の払い戻しなどもさかんに行われています。
なので、今では一般的な消費者金融でも、この上限をはるかに下回る金利で借りられるところがほとんどです。